2012年1月 1日 (日)

お知らせ

家族の、ブログをまとめることにしました。このブログは、このまま残しておきますが、今後更新はしません。

新しいブログは、コチラですので、今後ともよろしくお願いいたします。

http://blog.goo.ne.jp/tom_yurihei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

2011/12/26-27 富山遠征

2011/12/26-27 富山遠征
今月は、土日に出張に行ったので、代休を取って、年末は23日から休み。クリスマスは、京都で家族そろってお祝いし、平日にクリスマス寒波で雪の増えたゲレンデへ。

朝、石川県のまきげさん夫妻と合流し、パウダーぐるぐる。疲れて休憩したとたんに上のリフトが動き出し、ゆっくり休む間も無くぐるぐる。
一通り滑ったら、雪板をやると言うので、自分も貸してもらって挑戦。全然滑れないけど、かなり楽しい。ちゃんと乗れてないと、何にも出来ないので、スノーボードの練習にもなりそうです。
夏場に全く運動してなくて、なまった脚は、数本の小ハイクでつりそうになり、昼休憩。終了か?と思っていたら、みるみるうちに、リセット。パウダー狙いの人達は、午前中でかえってしまっているので、滑っても滑っても、食いきれません。結局、リフトが止まるまで。
まだまだ降り続いていたので、翌日も。

大満足の2日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/17 かぐら

2011/12/17 かぐら
シーズン3日目。かぐらへ。

冬型の気圧配置で、どこも良さそう。
赤城高原から雪が降り出し、湯沢はハイシーズンのような景色テンション上がります。
朝一番のロープウエイで、ゲレンデに上がり、脇パウ頂きながら・・・と思ったら、いきなりスタック。板を外したら、腰。何とか脱出し、急斜面へ。でも、だめ。ほとんどターン出来ない。

2本滑って、ショップ仲間と合流。昼まで楽しく滑り、まだ雪は残っていたけど、体力の限界で撤収。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

2011/11/26 かぐら

冬型の気圧配置で、オープン情報がちらほら。吟味に吟味を重ね、かぐらへ行くことにしました。
赤木高原で仮眠を取った後、朝7時前に駐車場に到着。Ncm_0169激混みを予想していたけど、思ったより人が少ない。ロープウエイは、始発に乗れなかったけど、その後のバス、ゴンドラの乗り継ぎはスムーズに行けました。

雪の量は、まあまあ。Ncm_0171場所によっては、10 cmぐらいのパウダー。カリカリや、雪の塊がゴロゴロ転がっている所もあったけど、十分に楽しめました。やっぱり、自然雪を滑るとテンション上がるなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

2011/11/13 Yeti

ようやく、今シーズンの初すべりを迎えることが出来ました。
軽井沢も、オープンだけど、近場のYetiへ。Ncm_0170
写真は、朝一に撮ったものなので、空いているように見えますが、例年通りにぎわっていました。コースは狭くて、人も多いので滑りにくいけど、晴れていたし、黄砂の無いザラメのような感じで、気持ちよくシーズンインする事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

突発性難聴。ここまでか?

2011年8月13日
今日は治療無しなので、白馬へ。気になっていた、畑の草取りが出来て、気が楽になった。

2011年8月14日
鍼治療。胃腸の調子が悪いと言われた。その通りです。妻子が帰省しているので、食生活が乱れています。体全体を整えていかないといけないのに、ちょっと反省。

2011年8月15日
高気圧酸素治療のみ

2011年8月16日
高気圧酸素治療の後、鍼治療。
胃腸の調子は、だいぶ良くなったそうです。この二日間は、ちゃんと自炊をした。点滴を打っていた間、ずっと便秘気味だったのも、解消されつつある。
しかし、首の筋肉ががかなり緊張している事を指摘され、交通事故に会った事があるか聞かれた。有りませんが・・・スノーボードを始めたころは、何度もむち打ちになってます・・・。頭にも、3ヶ所に小さな傷跡があるらしい。むち打ちになると、治った後も無意識のうちに首の筋肉に力をいれている事が多いらしく、自分も常にそのような状態になっているそうです。
突発性難聴は、首から耳につながる筋肉周辺の血行が悪くなる事が原因とも言われているので、元々そのような状態だった事も良くなかったのかもしれない。長い事その状態が続いているので、すぐには首の力が抜ける事は無いけど、少しずつリラックスさせていくと、耳にも良い結果が出るかもしれない。東洋医学的には、症状が出たのは突発的だけど、いろんな要因が重なってそうなっているので、一つずつ悪い部分を取っていく事が重要だそうです。

2011年8月17日
最後の高気圧酸素治療を行った後、聴力検査。結果は、前回と全く変わりなし。労災病院では、これ以上出来る事も無いので、ほぼ終了。ごく稀に、薬を飲み続けていると良くなる事が有るので、一応血行促進剤とビタミンB12を後1ヶ月飲み続ける事に。あんまり薬飲みたく無いけど、しょうがないか。

これからは、鍼治療で、体質改善をしたら、改善する事を期待しつつ、この状態とうまく付き合っていく事を考えていく必要がありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

突発性難聴。治るのか?(引き続き治療~鍼灸)

2011年8月8日
朝から高圧酸素治療。続いて、点滴。今日から、リンデロン注が4mgに減った。徐々にステロイドを抜いていく段階に入ったんだな。
しばらくすると、冷や汗が出てきて、吐き気もしてきた。看護士さんを呼んだけど、一瞬気を失ったみたい。これは、いったいなんだろう?しばらく点滴を止めて貰って、気分が落ち着いてから再開したら、何とも無かったので、大丈夫だと思うけど。

2011年8月9日
今日も、引き続き、高気圧酸素治療と点滴。耳の感覚的には、何も変わりなし。ただ、朝から胃が痛い。薬の副作用か?それとも、病院通いで精神的なストレスか?

2011年8月10日
今日は、いつもの治療+聴力検査。点滴は、今日からリンデロン注が2 mgになった。明日で点滴は終わり。
肝心の検査結果は、低音が若干改善しただけで、あまり変化無し。

これまでの聴力変化(それぞれの周波数の音が聞こえる最低音量)。左から、125, 250, 500, 1000, 2000, 4000, 8000 Hz
11/08/03: 40, 45, 55, 55, 55, 20, 15 (db)
11/08/05: 30, 40, 50, 55, 50, 25, 10 (db)
11/08/10: 25, 35, 50, 55, 55, 20, 10 (db)
最初の病院で測定した結果はもらっていないけど、8/1は2000 Hz以下が60~65 dbでした。
左耳は、全周波数にわたって、5~10 db
一番良く使う、500~2000 Hz(太字)があまり改善していないので、感覚的には良くなった気がしていません。

検査なんかもあって、中途半端な時間になったので、今日は仕事に行くのはやめ。その代わりに、鍼灸院へ行ってみました。突発性難聴を得意としているところに行くか迷ったけど、通いやすいところにしっかり通った方が良いと思い、通勤経路の鶴見駅に近い「わしだ鍼灸院」へ。
診てもらったところ、

・7月に風邪をひいた後の体調が戻っていない(と思われる)
・耳から首にかけての筋肉が固まっている(病院の治療はこの辺りの炎症、血行の改善)
・右耳の横のつぼに反応がある。一つはかなり強い。
・腰が凝り固まっている。東洋医学的には、腰の辺りにある臓器(腎臓、膀胱など、主に泌尿器系)と耳と密接な関係があるらしいです。

要は、難聴になったのは突発的だけど、体全体のいろんな問題が積み重なって、症状が出たのだから、直接の原因になっている部分だけでなく、全身を直して行く必要がある。との事です。時間がたって、症状が固定されてしまうと、治る見込みがほとんど無いけど、病院での治療で少しずつでも改善しているので、まだ可能性はあるそうです。
しっかり話を聞いてくれて、感じが良かったので、しばらく通ってみる事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

2011/7/30 畑仕事

天気予報では、梅雨前線が復活。白馬は大雨の予報だったので、売木村だけ行ってきました。白馬は草が生えすぎているようなので心配です。

娘の記念植樹の桜の木は、順調に育ってますP7300099

今年植えたブルーベリーP7300100ちょっとだけ実が付いていました。本格的に採れるようになるのは、数年後かな。

かぼちゃP7300102去年白馬で採ったカボチャの種を、自家採取用に無施肥で植えてみたけど、ちょっと無理が有ったか?でも、ちょっとつぼみが付いているので、こんな条件でも育つ強い種が取れる?

こちらも、自家採種用に無施肥で植えたトマトP7300103_2枯れちゃった。

自家採種用の枝豆          P7300106かろうじて育ってるけど、大丈夫か?適当にばら撒いた、自宅ベランダ産マリーゴールドが咲いてる。

北側の区画P7300110イタドリが群生。植生を変えていかないと作物が負けてしまって厳しいな。

枝豆                   P7300112一応がんばってます。

ネギ                   P7300113順調

インゲンP7300115_22本は伸びたけど、ダメだったのもある。まあ、今年は種を採るのが目的だからいいか。

花豆P7300114この1ヶ月でほとんど伸びていない。気候が合わないのか?それとも根粒菌が付いていない?これは、白馬との比較が楽しみ。

ニンジンP7300111ほとんど発芽していないので、追加で撒いてきました。

P7300120ざっと草刈りをした後。

信州大蕎麦P7300119適当に撒いてきました。育つかな?

その他に、大根、白菜、赤カブ、小豆。さて、育つのか?

今回は、土壌pH計を使って、pHを計ってきました。結果は、全体的にpH6.6。とりあえず、酸性化しているわけでは無さそうなので、そのまま使っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突発性難聴。治るのか?(高圧酸素治療)

2011年8月4日
今日から、労災病院で点滴と高圧酸素治療。点滴は、ステロイドと血管拡張剤だけになった。ステロイドは、リンデロン注 6 mgに変更になったみたい(ソルコーテフって聞いたんだけど…)。血管拡張剤は、リプル注 10μg。ネットで調べてみたら、リンデロンは、強いステロイドらしい。それを少量入れているので、効力は大体同じなのかな?半減期が長めのようなので、そこで違いが出るのか?
高圧酸素治療は、1〜2気圧分気圧を高めた部屋に入り、酸素マスクを着けて酸素を吸う治療。ヘモグロビンだけでなく、血中に直接酸素を溶かし込む事によって、酸素濃度を10〜20倍に高めて自然治癒力を高めるらしい。今回は、一日目なので、低めの+1気圧。酸素カプセルではなく、部屋全体の気圧を高めて、最大6人同時に行うので、時間の融通が利かない。+1気圧は、昼からで中途半端な時間なので、仕事にも行けない。
まずは、体調が悪くないか、問診、体温測定。続いて、点滴。その後、高圧酸素治療。高圧酸素室では、耳鳴りが無くなったような気がしたけど、出てきたら、何も変わって無かった。機械の騒音で消されてただけか?
治療日数が伸びたので、追加分の薬を貰って終了。全部で4時間。毎日だと思うと長いな
夜、子供を風呂に入れていたら、少し吐き気がした。薬の副作用か?

2011年8月5日
今日から、+2気圧。+2気圧は、朝一番がらなので、午後から仕事に行けるかな?
治療を受けた実感としては、あまり変わっていなかったけど、聴力検査の結果は、低音が少し改善してた。高音は、元々下がっていなく、低〜中音が60 dbぐらいだったのが、低音は20〜30になってた。中音も、40〜50ぐらいで、若干改善。前の病院でも、僅かに回復してたので、今までの治療には、効果があったのかな。耳鳴りは、相変わらずだけど、少しは消えるのかな?
吐き気について聞いてみたら、まだ薬の副作用がでる時期ではないらしい。精神的なものなのかな?

2011年8月6日
土日は、救急外来で、点滴のみ。昼から、妻子が鍼灸院へ行くのに付き合って、ついでに自分も難聴にきく鍼を打って貰った。効果が有るなら、何でもやろう。
今日も、やっぱり風呂で前屈みになると、吐き気がした。

2011年8月7日
今日も、救急外来で、点滴のみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

突発性難聴。治るのか?(治療)

2011年8月2日
朝起きた時の症状は、変わらず。
出勤前に病院に行って点滴。内容は、前日と同じ。マイクロ波温熱器で耳を温めた後、点滴を受けていると、右側からも少し音が聞こえているような気がしてきた。試しに左耳を塞いでみると、確かに右耳で看護士さんたちの話し声が聞こえている。少し改善したのか?

2011年8月3日
朝起きたら、元に戻っているような気がする。今日は、聴力検査から。結果は、ほとんど改善無し。先生から、高圧酸素カプセルのある労災病院を紹介され、そちらに行ってみる事に。そちらでも、聴力検査と耳の中の確認。診断は、変わりなし。これからの、治療法の説明と予約。今日は、胸部X線、血液、尿、心電図で、予定通りの治療を行えるか確認。結果は、明日の治療前に説明されるらしい。
帰りに、受け付けに書類を提出しようとして、処方箋が入っていることに気付く。聞いてないぞ!しかも、処方された薬は、前の病院でもらって、たくさん余っている薬と似てる。そういえば、薬を飲んでいる事は伝えたけど、薬の種類や、残りの数は聞かれなかった。
一応、薬局で確認してもらったら、成分は同じなので、お医者さんに確認した方がいいとのこと。明日、聞いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«え?突発性難聴?(診断)